2018年11月17日

居酒屋ビル

対象不動産は,大阪・地下鉄御堂筋線の「なんば」駅の至近に位置しています。近隣は中層の飲食店が建ち並ぶ歓楽街です。一般に,店舗の経営が行き詰まったり,跡継ぎがいない場合等に売り出されるケースがあります。また,老舗の店舗では,馴染み客が年を重ね,次世代の顧客に受け継がれていかない場合に,売上げが減少してしまうケースがあります。居酒屋ビル
  


Posted by やっすん at 14:45 Comments(0)

2018年11月16日

高圧線下の物件の表示方法について

規約9条1項は,建築制限など,物件に特定の事情がある場合は,その制限などの内容を見やすい場所に,見やすい大きさ,見やすい色彩の文字で表示すべきこととしています。ここでいう「特定の事情」とは,民法570条の隠れた瑕疵であるかどうかにかかおりなく,宅地建物取引業者が「重要事項の説明書」で説明しなければならない事柄や一見してhttps://morino-tensui.com/urbanization-adjustment-area/under-high-pressure-line/
  


Posted by やっすん at 16:45 Comments(0)

2018年11月16日

個人情報の取得に関しては「個人情報取

個人情報の取得に関しては「個人情報取扱事業者は、偽りその他不正の手段により個人情報を取得してはならない」(第十七条)とされています。ここでいう「偽り」は不正の手段の一例です。つまり「偽り」のほか、不正の手段によって個人情報を取得してはいけないということなのですが、具体的な判断基準は、ケースバイケースです。このうち4はちょっとわかりにくいのですが、個人情報の取得が「不正の手段」なのか「適正の手段」なのかの判断基準が問題です。一応、個人情報保護法やその他の法令の趣旨や社会通念に照らし合わせて判断することになっていますが、はっきりとした基準があるわけではありません。https://historicmontillico.com/proper/
  


Posted by やっすん at 14:23 Comments(0)

2018年11月15日

5%ルールの適用を検討しなくてはなら

5%ルールの適用を検討しなくてはならないのは、自分が売却した不動産について、その不動産を買った人に対する資金の提供がある場合です。逆にいえば、議決権のない出資の形で5%以上出資をしている会社が不動産を購入しても、その購人が第三者からであれば、5%ルールは適用されません。5%ルールとは、あくまでも、不動産を売却する人が、その売却を「会計上も」売却として扱っていいか、オフバランス化ができるかどうかの指針なのです。 【5%ルールに引っかかると】https://jazzclubmilano.org/sale/
  


Posted by やっすん at 15:50 Comments(0)

2018年11月15日

原爆Tシャツ、BTS「ご心配を…」 東京でライブ 韓国の男性

原爆Tシャツ、BTS「ご心配を…」 東京でライブ 韓国の男性7人組ヒップホップグループ「BTS」(防弾少年団)の… 2018年11月14日 7時25分
議論が尽きないBTS…韓国専門家が「日本での人気は揺るがない」と強気なワケ
http://news.livedoor.com/topics/detail/15591085/
  


Posted by やっすん at 07:36 Comments(0)

2018年11月14日

<貸主の都合で解約するには「正当事由

<貸主の都合で解約するには「正当事由」が必要> 一般的に賃貸借契約を解除するのは、借主が賃貸借契約の内容に違反した場合が考えられます。借主が家賃を何力月も支払わなかったり、無断で転貸したりした場合は、契約上の義務に違反したことになりますので契約の解除が認められるでしょう。借地借家法や従来からの借地法、借家法では、契約期https://nickybandera.com/annulment-of-a-contract/
  


Posted by やっすん at 14:02 Comments(0)

2018年11月13日

理想のFPはT型人間だ

FPというのは金融のことも不動産も、税のことも知っていなくてはならないという、総合力が求められます。しかし、そこは所詮人間ですから、一人で全部を完璧にカバーすることは、到底不可能でしょう。そこで理想のFP像として浮かび上がってくるのが「T型人間」なのです。

理想のFPはT型人間だ
  


Posted by やっすん at 09:35 Comments(0)

2018年11月12日

宅地造成工事規制区域内の建築は規制が多い

<「宅地造成」「宅地造成工事規制区域」とは?> 丘の斜面などの土地に住宅を建てるには、宅地用の土地にするために、切土でニメートルまたは盛土で一メートルを越える高さの崖を作らなければならないことがあります。このように土地の形質を変更することを「宅地造成」といいます。宅地造成には切土や盛土をする土地の面積が五〇〇平方メート

宅地造成工事規制区域内の建築は規制が多い
  


Posted by やっすん at 13:22 Comments(0)

2018年11月10日

totoq823

日本の人口は2007年にピークを迎え徐々に減少に転じました。しかし、まだ世帯数は増加しています。世帯数が減ってくるのは人口問題研究所によると2015年からと推計されています。2007年~2015年の間は人口は減っても世帯数が増えている状況なので1世帯あたりの人数は減っています。その原因は、晩婚化と核家族化、独居老人の増

空室問題はこれから本格化する
  


Posted by やっすん at 15:22 Comments(0)

2018年11月09日

住宅性能表示制度は、新築の戸建

住宅性能表示制度は、新築の戸建住宅やマンションのほか、中古(既存)の戸建住宅やマンションも対象となります。また、新築建物の場合は、建物が完成(竣工)する前、設計図書の段階でチェックを受ける「設計住宅性能評価」と、設計住宅性能評価で評価を受けた設計図書に従ってそのとおりに施工がされているかを工事中に現場でチェックを受けるhttps://francois-baglin.com/housing-performance-display-system/application-of-housing-performance/
  


Posted by やっすん at 18:17 Comments(0)